荷物整理・荷造りのコツ

荷物整理・荷造りのコツ

荷物整理・荷造りのコツ

 

引っ越しに伴って、どうしてもしないといけない事が荷造りです。
もちろん、お任せで荷造りも全てやってもらうと言う事も出来ますが、
貴重品などの大切なものは、最初に把握しておくと言う事が必要になります。

 

まず、ご自分は日頃から整理整頓が得意でありすぐにでも何処にものがあるのか
把握していると言う方ならば、簡単に荷造りが出来ると思います。
そのような方は、今使わないもの、ずっと使うものを分けてから、壊れものに注意して
梱包していけばいいでしょう。

 

しかし、多くの人は物に埋もれた生活をしているのではないでしょうか?
この機会に、最近使っていないものを整理したり、処分して身軽に移動してみませんか?

 

引っ越す日付を基準にして、地域のごみ収集はいつあるのか、
あと何回利用できるのかを把握してください。

 

引っ越しをする日の当日に、生ごみ又は危険物を出す事が出来ると便利です。
お車がある方なら、近くのごみ収集センターなどを利用する事をお勧めします。

 

手順は、大きめの使っていないものをしまっていくです。
段ボールの手配や、引っ越しのトラックの選定などに役に立ちます。
大きな物の中に小さいものを一緒にしまう事も出来ます。

 

 

最初に引っ越しをする日の反対の季節に使うものをしまいましょう。
(ストーブ、ファンヒーター、扇風機、スポーツ用品、雛人形、五月人形など)
季節製品は、思ったよりも大きなものが多いです。
業者さんに確認して、毛布や専用のBOXなどを用意してくれるようでしたら活用してください。
ご自身で用意される場合は、大き目の段ボールを確保してください。

 

大きめの物を詰めた時に、日頃使っていない毛布やバスタオルなどを使って
発泡スチロールの様な補強材の代わりにしても、良いと思います。
(壊れるのが心配な方は、しっかりとした梱包材をご利用ください)

 

 

重いものや壊れやすいものは小さい段ボールに詰めて行く

本や重いものは、1.5リットルのペットボトルが入っていた位の段ボールに詰める事を
お勧めしています。大きな段ボールに詰めると重くて持ち運びに苦労します。

 

・壊れものも、新聞紙に包んで他の者との接触時に割れないようにしましょう。
土鍋などは、その大きさに合う段ボールにぎりぎり入れて、蓋をしっかりと梱包してしまい
大きな段ボールに詰めて、運びましたが割れませんでした。
段ボールの大きさが少し合わなくても、入れて段ボールの形を崩せば大丈夫でした。

 

・段ボールには必ず大きく中身(本・食器・衣類など)、運ぶ部屋の名前(台所・リビングなど)を
記入しましょう。同じような段ボールが沢山出てくると、いざ引っ越し先で使いたいものが発見できなくなります。

 

電気製品のコード類

 

・電気製品のコード類は、はずす前に何のコードであるかを書いてテープで留めておきましょう。
はずしてからでは遅いです。そして製品と一緒にしまうようにしてください。

 

貴重品

現金や通帳は運搬してもらえない事がありますので、別の袋に移しておき
ご自身で持ち運びをしてください。
早めの準備をして当日に慌てないようにしてください。

 

使用頻度の高いもの

当日まで使っていたものは、段ボールに大きく「すぐに使うもの」などと記載するか
ガムテープの色を変えるなどして、新居についてもすぐに使えるように分かりやすくしておきましょう。
最後に積んでもらって、最初に荷物の埋もれない場所に出してもらうなど考えておくといいです。

 

あまり整理整頓が好きではない私自身が引っ越した時に困った事に重点を置いて、書かせていただきました。
あなたの引っ越しの時にお役に立つ事があれば幸いです。

 

もっと詳しく知りたい>>>大手引越業者のプランを徹底比較