引っ越し 見つもり

引越見積もりを安くするポイント

引越が決まって心配になるのは、引越料金がいくらになるかではないでしょうか?

 

急な引越で、費用を会社が全部持ってくれればいいですが
そうはいかないのが、現実だったりします。

 

どうやったら安くなるのかのポイントをまとめてみました。

 

安い引越の時期に引越をする

引越をする人が多い時期(3月)を避けて、別の月にずらすならば
お値段は大幅に下がる場合があります。
自分の都合で引っ越される場合は、出来るだけ2月末〜4月頭は避けるようにしましょう。

 

 

土日・祝日は、引っ越しをしない

当たり前のことですが、休日料金が発生してしまいます。
単身引越しで休日料金のない場合もあるようですが、基本的にはかかると思っておきましょう。

 

 

引越す日に時間指定をお願いしない。

引っ越し当日に何時に来てくださいとお願いすると、別料金がかかるのが通常です。

 

 

オプションは出来るだけ付けずに自分で作業しましょう。

オプションをつけるとそれだけで値段が上がります。自分で出来る事は自分でしましょう。

 

 

荷物は減らしてから引越をしましょう。

引越のこの機会にいるものと要らないものを所群して荷物量を減らすと安くなります。

 

1位 引越し価格ガイド

公式サイトはコチラ

引っ越しって何処が安いの?!の疑問はすぐに解決。
210社以上の中からあなたに合った最大10社の見積もり
最短1分の入力作業です。
引っ越しのガイドブックがもらえるので、初めての引っ越しでも安心して作業に取り掛かれます。

公式サイトはコチラ

2位 引越し侍

公式サイトはコチラ

見積もり比較で安くなると評判です。
全国190社以上の大手・中小の引っ越し業者を最大10社厳選
最短1分の入力作業
CMでもおなじみのかわいいキャラクターにも癒されます。

公式サイトはコチラ

3位 ズバット引っ越し比較

公式サイトはコチラ

日本最大210社以上の会社からずばっと見積もれます。
最短1分で入力できるのは忙しい人向きです。
お問い合わせ窓口もフリーダイヤルであるので安心です。

公式サイトはコチラ

4位 引越し達人セレクト

公式サイトはコチラ

大手から中堅どころの引っ越し業者さんに強いです。
65社以上の引っ越し業者さんを選べます。
最短3分で入力が出来ちゃいます。
引っ越し作業の前の道路事情が分かるなら、最初に記入できます。(分からなくても問題はありません)

公式サイトはコチラ

5位 ただで運ぶゾウ引越し見積もり

公式サイトはコチラ

業界初のチャットで見積もれちゃう(・∀・)b
メールや電話ではなく、チャットをすることですぐに聞きたい事をやり取りできるのが、とっても便利、自分が決めるまで個人情報は相手に表示されないのもうれしい。
引っ越し後必要なもの(ネット回線やウォーターサーバーなど)を一緒に依頼しておくとキャッシュバックでお得です。

公式サイトはコチラ

 

引越の見積もりを無料で取って、あなたの納得のいく引越業者さんを見つけてみてください